bg
HOME » 種類

体臭にも種類がある!体臭ごとの原因を探る

体臭の気になる方へ、あなたの体臭の種類とは?

体臭とは主に、汗や皮脂、あるいは垢などが腐敗して起こる現象です。例えば皮膚が雑菌によって腐敗する、または分解されて、臭いを発します。 しかし、それとは別にある病気特有の体臭を発生させる場合もあります。自分の体臭がどの種類の体臭なのかここでチェックしてみましょう。

ミルクっぽい体臭

一見甘いミルクっぽい香りであまり悪い体臭とは思わない人もいるとは思いますが、本人からしてみたら気になる方も多いはず。 このミルクっぽい体臭の正体ですが、他の体臭とは原因が少し違い、ある大きな病気のサインかもしれません。

その病気とは「糖尿病」です。

糖尿病になると、すい臓から出る体内ホルモンの一つインスリンが減少します。このインスリンは血糖値を下げる働きをするほぼ唯一のホルモンなのです。

そして体脂肪が脂肪酸に変わり、この脂肪酸がケトン体という物質に変化します。 この時に甘い臭いを発するのです。

もしも体臭がミルクっぽい甘いにおいを感じるようになったら、念のため医療機関を受診することをおすすめします。

魚臭い体臭

体臭や口臭が魚臭い、もしくは魚の腐ったような臭いがすると感じる場合、臭いの正体は「トリメチルアミン」でせす。

食べ物を消化するとトリメチルアミンが発生しますが、これが分解せず、汗や呼気や尿から発散されることがあります。分解されないのは肝機能の低下や障害などかもしれません。

しかし解消する方法は現在かなり分かってきています。例えば食事療法などは改善に効果があります。「コリン」「レシチン」「トリメチルアミンオキシド」を含まない食材を摂取してください。これらの成分はトリメチルアミンが作られる前段階の物質だからです。

コリンを含む主な食品として海産魚、卵、肉(加工品)、豆類、ブロッコリー、カリフラワー、 レシチンを多く含む食品として卵、小魚、うなぎ、ごま油、コーン油 、トリメチルアミンオキシドを多く含む食品としてイカ、タコ、エビ、カニなどの頭足類、甲殻類などがあります。これらを注意して摂取しないことで改善できることが分かっています。

しかしこちらも念のため医療機を受診することをおすすめします。

酒臭い体臭

お酒を飲んだ次の日に酒臭い体臭がするのは体内に蓄積されたアルコールが汗腺から排出されてしまうというものがあります。これは飲みすぎが原因なので、飲む量を控えればいいのですが、お酒を飲んでいないのに酒臭い体臭が気になる方、そんな方はある内臓の機能が低下しているのが原因かもしれません。

その機能とは「肝機能の低下」です。

肝機能が低下することによって肝臓が担う大事な役割のひとつの老廃物をろ過する働きが正常に機能しなくなるのです。それによって二日酔いの人と同じような体臭をまとってしまうことがあるのです。

そしてもうひとつの原因として、間違ったダイエットによっても発生します。これはダイエットによって炭水化物を過度に制限すると、乳酸とアンモニアが結合し、これが臭いの原因とされています。

お酒を飲んでいないのに酒臭い体臭がする人で炭水化物を過度に制限するようなダイエット法を取り入れている場合には注意する必要があるのではないでしょうか。

納豆臭い体臭

納豆の臭いというとあまりいいイメージがない人が多いと思うのですが、この臭いで悩んでいる方も多いはずです。この臭いの原因の一つが「臭いの元を分解する雑菌」によるもの。

発汗によって皮脂や垢が腐敗しますが、時間とともにそれぞれの成分が分解され体臭が発生します。納豆臭い体臭の原因は、この各種の成分を分解する雑菌が原因です。つまり汗をかくと納豆臭い体臭に変わりやすくなります。

そのため日ごろから清潔に気を付け、衣服などもこまめに交換するとよいでしょう。普段清潔に気を使っているのに納豆の臭いに悩んでいる方、それは「肌の乾燥が原因」かもしれません。

肌本体の働きとして、肌の皮脂が必要以上に減少した場合、これを補うように機能します。つまり、より皮脂が過剰に分泌され、それによって乾燥から守ろうとします。

乾燥肌は日常の習慣が原因であることもあります。皮肉な話ですが、体臭を予防するために使っているデオドラント剤が、乾燥肌をつくっていることがあります。デオドランド剤は肌の善玉菌を駆逐する場合もあるため、体臭ケアは肌の環境に合わせて行ったほうが良いでしょう。 納豆臭が気になる方は肌乾燥にも注意してみてください。

犬臭い体臭

犬を飼っているわけではないのに犬臭い臭いがする方、なんだか獣のような臭いがすると言わる方 、この体臭の原因になっているのは「食生活の乱れ」が原因かもしれません。その原因は脂肪酸が酸化されて発生するノネナールという物質によるものなのです。

このノネナールは「加齢臭」としてよく知られていますが、食生活の乱れによって加齢臭に近い犬臭い体臭が発生することがあります。食生活の乱れ、肉類の多い食事を摂っていると体内の脂肪酸が増え、アポクリン汗腺からの汗に混じってしまいます。これを菌が分解すると犬臭い体臭になってしまうのです。

肉類中心の食生活を改善し、魚や野菜などバランスよく食事をすることをお勧めします。